英語が苦手な人のTOEIC勉強法

英語

英語が苦手、嫌いという方は多いと思います。

私もその一人です。。。

今回、そんな私と同じように英語が大嫌いの方がどうしたらTOEICの点数を上げられる勉強が出来るかをまとめましたのでご紹介したいと思います。

好きな事を英語で調べる

英語を勉強するのではなく、英語で勉強してみては如何でしょうか?

例えば好きな海外のアーティスト、アスリート、俳優、作家、ゲームなどに関する記事を英語で調べて読んでみてみましょう。

好きな事でしたらある程度わからない言葉があっても内容を理解しやすいと思います。

また、好きな事ですから英語を勉強している感覚も薄れ意外と苦痛なく続けられるのではないでしょうか?

英語の記事は無限にあります。

是非、楽しく調べてみましょう。

簡単な教材からはじめる

英語が嫌い、苦手という方は少なからず勉強方で今までに何度か挫折しているのではないでしょうか?

勉強を始めたけど「参考書を見てもさっぱり」で出来る気がしないと思ってしまいモチベーションが一気に下がってしまったのではないでしょうか。

それはいきなり難しい参考書を使っているからだと思います。

まずはこれ簡単過ぎない?と思う程度の教材から初め、徐々にレベルを上げていけばモチベーション低下もおきずに継続出来ると思います。

洋楽を聴く

洋楽を使用した英語の勉強方法での最大のメリットは、なんといっても楽しく学べるということです。

英語に限らず語学勉強で一番大切なのは、「いかにその言語に長く触れているか」ということです。

ですので、いかに継続できる勉強方法を選ぶということが重要になるのです。

洋楽を聴くことで、特にリスニング力を鍛えることができます。

日本人の多くがリスニングを苦手としている分野で、その理由はリスニングをしている量が圧倒的に少ないということです。

学校の勉強はリーディングが中心で、あまりリスニングを扱っていないため、多くの日本人はリスニング勉強に割いている時間が圧倒的に足りていません。

しかし、今まであまりやっていないからこそ、少しやるだけでも大きな改善が見込めます。

リスニング勉強方法は色々ありますが一番楽にできるのが洋楽を聴くことだと思います。

英語のニュースを聞く

英語の上達には日々の生活に英語を取り入れることが大切です。

でも、具体的に何をすればいいのかなかなか分からないですよね。

そこでおすすめなのが、英語ニュースサイトを聞く事です。

興味のあることに絞って学習しやすくスキマ時間を使えるので通勤・通学でも自然と生活に取り入れられるのではないでしょうか。

ニュースサイトと聞くと難しく感じるかもしれませんが、英語学習者向けにやさしい英語で作られたサイトもあります。

なかでも有名なのが「NHK World-Japan」です

NHKニュースの英語バージョンで写真も多く理解しやすいです。

同じレベルの同僚と一緒に勉強する

やはり同志がいると心強いですよね。

同じレベルの仲の良い同僚などがいれば一緒に目標を立て競い合ってみるのもよいかもしれません。

相手が勉強しているとやらない自分が罪悪感を感じいやいやでも勉強せざる得ない環境になるので一人よりモチベーションを維持しやすくなります。

自分好みの講師のオンライン授業を受ける

英語は喋ってナンボです。

もちろんTOEICの点数だけを上げるのでしたら英会話は不要ですが、英語が嫌い・苦手の方が座学だけやっていても続かいないと思います。

そこで、オンライン英会話をやる事で半強制的に英語を勉強しちゃおうという作戦です!

また、オンライン英会話で好みの講師の方を見つける事でモチベーション維持にもつながります。

今回ご紹介するのはオンライン英会話で最大手のレアジョブ英会話とDMM英会話です。

どちらも月額7,000円以下で受けられるのでお得です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました