ゴールドカードで空港ラウンジを活用

クレジットカード

空港ラウンジとは?

空港ラウンジとは国内外の主要空港にある出発前の飛行機への搭乗時間までをくつろぎながら過ごせるエリアの事です。

ラウンジには無料Wi-Fiはもちろん、テレビ、新聞、雑誌、フリードリンクやなかには無料の軽食まで揃っているラウンジまであります。

ラウンジには主に2種類あり、クレジットカード(主にゴールドカード以上)の付帯サービスとしてある「カードラウンジ」やファーストクラスやビジネスクラスへの搭乗する航空会社の上級会員の方専用の「航空会社ラウンジ」などあります。

また、世界中の主要空港のラウンジに入れるプライオリティ・パスというステータスが高いラウンジ専用会員もあります。

空港ラウンジでできること

空港ラウンジでは搭乗前にくつろいで頂けるような色々なサービスが受けられます。

主なサービスは以下になります。

・無料Wi-Fiの利用
・ドリンクサービス
・新聞/雑誌の閲覧
・マッサージ機
・シャワー
・軽食
・コピー機、FAXの利用
※サービス内容はラウンジによって異なります

クレジットカード空港ラウンジ利用方法

そのタイミングから利用できる?

いちばん多いの保安検査が終わったあとに利用できるところが多いです。

ラウンジは搭乗前にくつろいでいただく場所ですので、あとは搭乗時間を待つだけの状態で利用するようになっています。

成田空港や羽田空港など大規模空港ですと中に複数のラウンジがありますのでご自分のカードで利用できるラウンジの場所をあらかじめ調べておくと良いですね。

受付で何をすれば入れるの?

カードラウンジの受付で提示を求められるのは、ゴールドカードまたはプラチナカードと、当日の搭乗券または航空券の2つです。

書類の記入といったわずらわしい手間は無く、カードラウンジに入れます。

退出の際は、特に手続きは不要で出たくなったらそのまま好きな時に勝手に出るだけです。

同伴者は使えるの?

もちろん、同伴者も利用可能です。

但し、同伴者1名までは無料だったり、同伴者は料金取られる場合もあったりとクレジットカードによって様々ですので事前に調べておく必要があります。

国内主要空港カードラウンジ

成田空港のカードラウンジ

成田国際空港には、第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルにカードラウンジがあります。

<第1旅客ターミナル>
・IASS EXECUTIVE LOUNGE1
 場所:第1旅客ターミナル中央ビル5階

<第2旅客ターミナル>
・IASS EXECUTIVE LOUNGE2
 場所:第2旅客ターミナル本館4階

羽田空港のカードラウンジ

羽田空港は、第1旅客ターミナルに3か所、第2旅客ターミナルに3か所、第3旅客ターミナルに3か所の合計9か所のカードラウンジがあります。

<第1旅客ターミナル>

・POWER LOUNGE SOUTH
 座席数:133席

・POWER LOUNGE NORTH
 座席数:150席

・POWER LOUNGE CENTRAL
 座席数:40席

<第2旅客ターミナル>

・POWER LOUNGE NORTH
 座席数:140席

・エアポートラウンジ(南)
 座席数:100席

・POWER LOUNGE CENTRAL
 座席数:68席

<第3旅客ターミナル>

・SKY LOUNGE

・TIAT LOUNGE

関西国際空港のカードラウンジ

・六甲

・KIXエアポート カフェラウンジNODOKA

福岡空港のカードラウンジ

・ラウンジTIME/ノース
 座席数:146席

・ ラウンジTIME/サウス
 座席数:167席

・ ラウンジTIME/インターナショナル
 座席数:70席

新千歳空港のカードラウンジ

<国内線旅客ビル>

・スーパーラウンジ

<国際線旅客ターミナルビル >

・North Lounge

那覇空港のカードラウンジ

・ラウンジ華~hana~

空港ラウンジ利用可能おすすめクレジットカード

JCBプラチナカード

JCBプラチナカードはカードラウンジの他、通常年会費が429US$のプライオリティ・パスのプレステージも無料で会員になれ世界中の主要空港ラウンジが無料で利用できます。

海外へ出張される機会が多い方にはプライオリティ・パスを持ってると便利ですよね。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードもプライオリティ・パスが無料で会員になれるお得なカードです。



三井住友カード・ゴールド

ゴールドやプラチナのクレジットカードを有効活用して、利用できる空港のカードラウンジ。

三井住友カードでカードラウンジがご利用いただけるのは、ゴールド(NL)、ゴールド、プライムゴールド、プラチナプリファード、プラチナの5種類です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました