おすすめ外付けSSD

ガジェット

いままでデータの記憶媒体でいうとHDD(ハード・ディスク・ドライブ)が主流でしたが最近はSSDという媒体を使うパソコンも増えつつあり注目されている記憶媒体です。

このSSDというのは非常にコンパクト、静か、読み込み速度が速い、消費電力が少ない、とモバイル性に優れておりとても便利な記憶媒体です。

今回はそのSDDについてご説明していきたいと思います。

SSDとは?

SSDはSolid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略になり、HDD(ハード・ディスク・ドライブ)と同様の記憶装置になります。

HDDは磁気ディスク(プラッタ)にデータを読み書きする仕組みでしたが、SSDは半導体を用い、電子回路に電気的なデータの読み書きを行う仕組みになっています。

いわゆるフラッシュメモリのようなものです。

そのため、HDDに比べて高速でデータを読み書きすることができます。

加えて、SSDはHDDのように磁気ディスクやモーターといった部品が不要なため、動作中ほぼ無音で発熱もなく、衝撃にも強いという特徴があります。

さらに、HDDに比べて消費電力が少なく最近注目されている記憶媒体です。

SSDのメリット

読み込み速度が非常に速い

HDDはディスクにデータを記録していて、ヘッドと呼ばれるアームを記録位置まで移動させ読み書きを行っています。

そのためヘッドの移動時間やディスクの回転がありその分データの読み込みに時間が掛かかります。

一方でSSDはその機構がなく電子的なやり取りだけですので読み込み速度が非常に速いのです。

衝撃に強い

HDDはディスクと読み書きするヘッドの距離が極端に狭い ことから動作中に少しでも衝撃を与えるとヘッドがディスクに 接触してディスク表面に傷がつく可能性があり衝撃に非常に弱いです。

それに対しSSDは機械的に動く構造がなく電子的なやり取りだけになりますのでHDDに比べると非常に衝撃に強いです。

作動音が小さい

記憶媒体が回転するHDDとは違って電子的にデータを記憶するため、基本的にSDD自体はほぼ無音ですので非常に作動音が小さく、HDDのような「カッ、カッ、カ」や「シャー」といったような音も無く静かな場所でもストレスなく作業が可能です。

HDDに対し非常にコンパクト

HDDのようなディスクに記憶させるものではなく電子チップに記憶させるものであり非常にコンパクトなので携帯性に優れております。

SSDのデメリット

まだまだ容量単価が高い

SSDは最近徐々に記憶媒体の主流になりつつありますがまだまだ高価なパソコンなどの機器にしか使用されていません。

よって、単価は高く1TBの容量で相場比較するとHDDが6,000円程度に対しSSDは13,000円と倍以上の単価になります。

容量が小さい

HDDは10TBと超大容量モデルも存在しますが、SSDは大容量がまだ存在していなく最大で2TB程度になります。

大容量を必要とされる方はまだまだHDDが主流になりますが、モバイルなどで持ち運びするには軽量・コンパクトで読み込み速度が速い、静か、消費電力が少ないSDDがおすすめです。

SDDの寿命

SSDの転送速度はHDDと比較すると非常に高速です。

SSDの転送速度が速い大きな理由としては、機械的な待ち時間が存在しないことが挙げられます。

HDDはどうしても、目的のトラックまでヘッドを移動させる「シーク時間」と、そのトラック上で目的のセクターが来るまで待つ「回転待ち」時間に数十ミリ秒~百数十ミリ単位の時間を要します。

これがSSDとHDDの速度差を感じさせる大きな原因の1つです。

そんな高速データ転送が可能なSSDですが、実は「書き換え寿命」が存在します。

SSDに用いられている「フラッシュメモリ」のデータを記録する最小単位をセルと呼びますが、このセルは徐々に劣化を起こします。

一般的な「NANDフラッシュメモリ」の場合、セルはおよそ1千~1万回程度の書き込みと消去で寿命に達します。

毎日頻繁に大量のデータを書き換える場合などはHDDを選択しましょう。

おすすめ外付けSDD

バッファロー SSD-PGM960U3-B/N

パソコン周辺機器で有名なバッファローの「外付けSSD」は、持ち運びに便利な名刺サイズで、デザインは非常にシンプル。最大読み込み速度は530MB/sで、最大書き込み速度は480MB/sの商品です。

IODATA SSPG-USC1NB/E

国内の精密機器メーカーであるアイ・オー・データ機器の「ポータブルSSD」。スペック上の最大読み込み速度は500MB/sで、最大書き込み速度は450MB/sの商品です。四隅と表面が柔らかいシリコンラバーで覆われており、耐衝撃・耐振動性の高さを1つのウリとしています。

Micron Crucial X8 1TB Portable SSD

世界最大級のメモリメーカーMicronのブランドであるCrucialの「Crucial X8 1TB Portable SSD」。スペック上の最大読み込み速度は1050MB/sで、最大書き込み速度は未公表の商品です。重量は100gとほかと比べて重めですが、高さ2mからの落下試験済みという耐久性の高さをウリにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました